本文へスキップ

一般財団法人国土地盤情報センター

地盤情報検定とその流れについて

地盤情報の検定について

検定に関する技術を有する「第三者機関」が、地質・土質調査で得られる 地盤情報の成果の内容を確認する 制度です。
*当センターは、国土交通省から「第三者機関」として認定されております。

検定対象となる地盤情報について

1.以下の電子成果品が対象となります。
  ・ボーリング柱状図
  ・土質試験結果一覧表
2.電子成果品作成の際に適用した電子納品要領は、以下のとおりです。
  ・地質・土質調査成果電子納品要領    平成28年10月 国土交通省
  ・地質・土質調査成果電子納品要領(案) 平成20年12月 国土交通省
3.検定対象は以下の通りです。

成 果 品 主 な 検 定 内 容
ボーリング柱状図:
・ボーリング交換用データ
・電子柱状図
① ボーリング数量の確認
② 該当資格者名及び登録番号の確認
③ 標題情報(調査名、発注機関など)の確認
④ 緯度経度、座標系の確認
⑤ 岩種・土質区分、記事、試験結果などの確認
土質試験結果一覧表:
・土質試験結果一覧表データ
・電子土質試験結果一覧表
① 土質試験結果の試験数量の確認
② 標題情報(調査名、発注機関など)の確認
③ 土質試験結果の確認

検定の流れ

[Ⅰ.検定前の準備(「検定の流れ①②」)]

1.「検定データの事前チェック」について(推奨)
   検定をスムーズに実施するため、検定対象となる地盤情報を自主的にチェックしていただくようお勧めいたします。
<手順>
 (1) 業務・工事の電子成果品データをご用意下さい。
 (2) 電子成果品の内、ボーリング交換用データ(XML)、土質試験結果一覧表データ(XML)を対象に、以下の2項目のチェックを行ってください。
   チェック作業用のシステムを用意しておりますので、ご活用ください。
    
 ① 掘削位置の緯度・経度チェック(ボーリング交換用データ)
  「掘削位置のチェック(電子地図使用)ページ」を用いて、ボーリングした位置を電子地図上で確認してください。
   *「掘削位置のチェック(電子地図使用)ページ」は、以下のページにアクセスしていただければ、ご利用いただけます。   
    
 ② 再現性のチェック(ボーリング交換用データ、土質試験結果一覧表データ)
  「ボーリング柱状図ビューア」を用いて、「ボーリング柱状図」と「土質試験結果一覧表」が正しく表示されることを確認してください。
   *土質試験結果一覧表の目視確認は、土質試験が行われている場合のみ実施して下さい。
   *「ボーリング柱状図ビューア」は、以下のサイトからダウンロードできます。

      (中央開発(株))

   *ボーリング柱状図ビューアは、WindowsPC専用です。 ダウンロード後、インストールしてお使いください。

2.「検定データ送付の準備」について

  (1)事前チェックが終了したら、当センターが用意する専用ソフト「検定データ圧縮ツール」を用いて、送付用の検定データ
    (圧縮ファイル)を作成してください。



   *検定データ圧縮ツールは、WindowsPC専用です。 ダウンロード後、デスクトップに配置してお使いください。 
    使用方法につきましては、 次項[Ⅱ.検定申込]の 「フローの説明書」をご確認ください。
 
    送付していただく検定データは、以下となります。

成 果 品 DTDのバージョン
ボーリング柱状図:
・ボーリング交換用データ(BEDnnnn.XML)
・電子柱状図(BRGnnnn.PDF)

BED0400.DTD または BED0300.DTD
土質試験結果一覧表:
・土質試験結果一覧表データ(STBnnnn.XML)
・電子土質試験結果一覧表(STBnnnn.PDF)

ST0400.DTDまたは ST0300.DTD
      *土質試験結果一覧表は、土質試験が行われている場合のみ提出してください。

  (2)関連ファイルとして、以下を準備してください(ファイルが複数におよぶ時や容量が大きい時は、ZIP形式で圧縮して下さい)。
    ① 検定を受検する業務又は工事の特記仕様書(PDF形式)(容量10MBまで
     *業務名、ボーリング数量等の確認を行いますので、数量の変更がある場合は変更分の特記仕様書も併せてご準備ください。
    ② ボーリング位置情報チェックシート(EXCEL形式)又はボーリング位置図(PDF形式)(容量10MBまで

  (3)検定受付システムの画面で、ボーリングデータの外部公開の可否について記入してもらう項目があります。
     外部公開の可否について不明な場合には、発注者に事前に確認してください。
     ボーリング柱状図のDTDバージョンがBED0400.DTDの場合は、XMLの公開フラグの記入内容と整合を図るようにしてください。

3.「検定料送金」について
 検定料は、事前振込となります。検定料を以下の口座にお振り込みください。
 振込手数料は、ご負担願います。
 <振込先>
  三菱UFJ銀行 新丸の内支店  普通口座  口座番号:3729268
  口座名:一般財団法人国土地盤情報センター
   検定料は、以下となっています。これに基づいて、検定料を算出してください。

検 定 料

 A検定: ボーリング1本当たり \2,160円(税込み)
   <要件> 検定を受ける該当業務の調査者の資格
     管理技術者(主任技術者)」が別表1のいずれかの資格を有し、かつ「ボーリング責任者」が別表2の資格を有すること。

別 表 1
・地質調査技士
・技術士(「総合技術監理部門」-「業務に該当する選択科目」)
・技術士(業務に該当する部門)
・RCCM(「地質部門」又は「土質及び基礎部門」)
・博士(理学又は工学)
・土木学会認定土木技術者(地盤・基礎)
・港湾海洋調査士(土質・地質調査)
・施工管理技士(業務に該当する級及び種目)
別 表 2
・ 地質調査技士
     *当該調査において、複数人の「ボーリング責任者」がいる場合、1名でも資格保有者が存在すれば、A検定として取り扱います。

  B検定:ボーリング1本当たり \3,240円(税込み)
   <要件> A検定の要件を満たさない場合。

[Ⅱ.検定申込(「検定の流れ③④」)]

 1. 当センターのホームページにアクセスしてください。
 2. 「検定申込サイト」から検定の申込と検定に必要なデータ一式を登録していただきます。
   手続き等は、全て、インターネットを介して実施します。

      検定申込サイトへ
                   
   ・検定の申込が終了した時点で「検定受付証明書」をメールで送信します。
   ・検定申込から検定完了までのフローの説明書(PDF)を、以下からダウンロードして下さい。
 

[検定作業(「検定の流れ⑤⑥⑦⑧⑨」)]
 1. 当センターの検定部で検定を行います。
 2. 検定中、必要(不適合事項があった場合等)に応じて、ご担当者に連絡させていただきます。
  (検定で不適合事項があった場合には、ご担当者に不適合事項の内容について指摘させていただきますので、指摘内容の修補を
   お願いします。 検定は、指摘が完全に解消されるまで繰り返し行います。)
  *当センターの検定実施体制は、以下となります。
   検定の実施体制

組  織 役   割
国土地盤情報センター 本部 検定受付、進行管理、検定証明書の発行、地盤DBへのデータ登録等を行う。
国土地盤情報センター 検定部
 ・北海道土質試験協同組合
北海道、東北、北陸、関東、中部地区の地質・土質調査成果の検定を行う。
国土地盤情報センター 検定部
 ・関西地盤環境研究センター
関西、中国、四国、九州、沖縄地区の地質・土質調査成果の検定を行う。
国土地盤情報センター 検定部
 ・一般社団法人海洋調査協会
「地質・土質調査成果検定基準」による検定を実施後、以下の項目について、 国・地方公共団体・民間(港湾空港関係データ)独自のチェックを施す。
 ・経緯度情報
 ・標高情報
 ・土質定数深度分布の有無


[検定完了(「検定の流れ⑩⑪⑫」)]
 1. 検定が完了した時点で、完了通知をメールで送信します。
 2. 当センターから連絡する専用ページにアクセスして、以下をダウンロードしてください。
  ・「検定証明書」
  ・「検定料領収書」
  ・「検定完了データ」注1
   注1 検定が完了したボーリング交換用データ、土質試験結果一覧表データについては、当センターで検定日、検定番号等を
     追記し、検定完了データとして専用ページにアップします。
     検定完了データを成果品として、電子納品するようにしてください。

検定作業期間

 1.検定受付から検定完了までの期間は、基本的に2週間 としております。
   ただし、訂正や指摘事項が多い場合は、一度で終了せず二度三度繰り返す場合もありますので、この限りではありません。
   是非、[検定前の準備]で、検定対象となる地盤情報を自主的にチェックしていただくよう、お勧めいたします。
  2.繁忙期(年度末等)については、検定受付が殺到することが予想されます。
   作業期間 が2週間以上かかる場合がありますことを、予めご承知おきください。

お問い合わせ

 検定に関するお問い合わせは、メールかFAXでお願いします。

 ■メールでのお問い合わせ
  info@ngic.or.jp までメールをお寄せください。 なお、こちらをクリック すると、メールソフトが自動起動します。
   ※土日・祝日受付の対応は、翌営業日以降となります。
 ■FAXでのお問い合わせ
  FAX番号: 03-3518-8876
   ※土日・祝日受付の対応は、翌営業日以降となります。