本文へスキップ

一般財団法人国土地盤情報センター

***

設立にあたってtopics

  •  社会資本そのものである地盤情報を国土形成の基盤となる「国土情報」と位置づけ、地盤情報の的確な管理運営を行うことが求められています。
     国も平成29年9月に社会資本整備審議会・交通政策審議会から公表された「地下空間の利活用に関する安全技術の確立について」答申から、直近の「今後の発注者のあり方に関する基本問題検討部会」の中間とりまとめ方針(案)まで、一貫して、地盤情報の有効性と利活用の必要性について提言されています。
     また、導入が進められているCIMやi-Constructionにおいても地盤情報の活用が待たれています。
     こうした状況を踏まえ、地盤情報の一括管理運用を行う「一般財団法人国土地盤情報センター」を設立いたします。
                          平成30年4月2日
                            一般財団法人国土地盤情報センター
                                  理事長 岩﨑 公俊  

地盤情報検定受付システムcheck

arrow

電子納品支援サイト          地盤情報公開サイトsupport

新着情報news

2018年 9月 3日
「地盤情報公開サイト(国土地盤情報データベース)」を開設しました。
2018年 8月 1日
「検定申込サイト(地盤情報検定受付システム)」を開設しました。
2018年 7月 4日
「Q&Aページ」を開設しました。
2018年 4月28日
「検定の流れページ」を開設しました。
2018年 4月 2日
ホームページを開設しました。
センターからのお知らせ

・検定申込サイトの休止について
 3月31日(日)は検定申込サイト
 の更新作業のため、検定のお
 申込みを休止いたします。

 ※検定の期間について
  (ここをクリック!)

検定部からのお願い

 年度末となり検定申込みが殺到しております。
 検定期間は、2週間としておりますが、検定作業をスムーズに行うために以下についてご協力ください。

・個人名による検定料の振込について
 個人名で振込みをされた場合、会社名に関する情報が無いと検定申込内容と照合することが難しく、受付段階で時間がかかってしまい、検定完了までに 2週間以上かかるケースが散見されますので、ご留意ください。

・検定料振込情報の入力について
 送金元の特定を迅速にできるよう送金元金融機関入力欄には、実際に振込を行った[送金元]の金融機関名・支店名を正しく記載して下さい。

・調査位置に関する情報について
 お申し込み時にお送りいただく特記仕様書に、発注者様が指定(特定)する調査位置に関する情報(位置図、平面図等)が含まれていない場合は、別途添付が必要です。