概要

地盤情報の検定とは

検定に関する技術を有する「第三者機関」が、地質・土質調査で得られる 地盤情報の成果の内容を確認する制度です。
*当センターは、国土交通省から「第三者機関」として認定されております。

検定対象となる地盤情報

1. 以下の電子成果品が検定の対象となります。
  • ボーリング柱状図
  • 土質試験結果一覧表

2. 電子成果品作成の際に適用した電子納品要領は、以下のとおりです。

  • 地質・土質調査成果電子納品要領    
    平成28年10月 国土交通省
  • 地質・土質調査成果電子納品要領(案) 
    平成20年12月 国土交通省
  • 地質・土質調査成果電子納品要領(案) 
    平成31年3月 農林水産省

主な検定内容

成 果 品 主 な 検 定 内 容
ボーリング柱状図:
  • ・ボーリング交換用データ
  • ・電子柱状図
  • ① ボーリング数量の確認
  • ② 該当資格者名及び登録番号の確認
  • ③ 標題情報(調査名、発注機関など)の確認
  • ④ 緯度経度、座標系の確認
  • ⑤ 岩種・土質区分、記事、試験結果などの確認
土質試験結果一覧表:
  • ・土質試験結果一覧表データ
  • ・電子土質試験結果一覧表
  • ① 土質試験結果の試験数量の確認
  • ② 標題情報(調査名、発注機関など)の確認
  • ③ 土質試験結果の確認

検定の流れ

検定の流れ

検定の実施体制

当センターの検定実施体制は、以下となります。

組  織 役  割
国土地盤情報センター 本部  検定受付、進行管理、検定証明書の発行、地盤DBへのデータ登録等を行う。
国土地盤情報センター 検定部
・北海道土質試験協同組合
北海道、東北、北陸、関東、中部地区の地質・土質調査成果の検定を行う。
国土地盤情報センター 検定部
・関西地盤環境研究センター
関西、中国、四国、九州、沖縄地区の地質・土質調査成果の検定を行う。
国土地盤情報センター 検定部
・一般社団法人海洋調査協会
「地質・土質調査成果検定基準」による検定を実施後、以下の項目について、国・地方公共団体・民間(港湾空港関係データ)独自のチェックを施す。
  • ・経緯度情報
  • ・標高情報
  • ・土質定数深度分布の有無

検定料金

A検定

要件:検定を受ける該当業務の調査者の資格。
「管理技術者(主任技術者)」が表1のいずれかの資格を有し、かつ「ボーリング責任者」が表2の資格を有すること。

表1
  • ・地質調査技士
  • ・技術士(「総合技術監理部門」-「業務に該当する選択科目」)
  • ・技術士(業務に該当する部門)
  • ・RCCM(「地質部門」又は「土質及び基礎部門」)
  • ・博士(理学又は工学)
  • ・農業土木技術管理士
  • ・土木学会認定土木技術者(地盤・基礎)
  • ・港湾海洋調査士(土質・地質調査)
  • ・施工管理技士(業務に該当する級及び種目)
表2
  • 地質調査技士

※当該調査において、複数人の「ボーリング責任者」がいる場合、1名でも資格保有者が存在すれば、
A検定として取り扱います。

料金:ボーリング1本当たり ¥2,200円(税込み)

B検定

要件:A検定の要件を満たさない場合。

料金:ボーリング1本当たり ¥3,300円(税込み)

お問合せ

検定に関するお問合せは、以下メールフォームまたはFAXより受け付けております。
  • メールフォームでのお問合せはこちら
  • FAXでのお問合せ  FAX:03-3518-8876

※土日・祝日受付の対応は、翌営業日以降となります。

PAGE TOP